ピンセットでムダ毛処理を始めてみました

昔からムダ毛処理の方法としてカミソリを使用していましたが、処理しても翌日には既に黒い毛がポツポツと生えてくる為、足を触ると翌日であってもザラザラでした。
冬場はタイツで足を隠し、夏場もトレンカ等を活用していたのですが流石に夏場はせめて部屋の中では素足で過ごしたいという願望が芽生えて最近、ムダ毛処理にピンセットを使っています。

毛抜き用のピンセットで、かなり時間も掛かりますし大変ではありますが1本ずつ地道に抜いています。
ピンセットでケアをし始めてから1週間程度になりますが、まだ全てのムダ毛を処理しきれていないのが現状です。

それでも毛根から抜ける感覚があり、抜いてしまったところの毛穴も目立っていないので今の所は特に問題はなさそうです。
とはいえ、ムダ毛処理で一番NGとされているのがピンセットでの処理なだけに、今は大丈夫でも後々に何か変化が出るのではないかととても不安です。

現状の処理方法としては、お風呂に入り毛穴を開いてからムダ毛をお風呂場でそのまま抜いています。
お風呂から出る前に冷水で引き締め、タオルで軽く拭いてから保湿クリームを塗るという感じです。

間違ったケアかもしれませんが、その分ダメージの分だけしっかりとした保湿を心掛けていきたいです。

生きることは生(は)えること

ワキはもちろん、腕、脚、ビキニラインと言えば、もちろんムダ毛の話。

ヘアスタイルや眉毛、まつ毛から足の指の毛まで、女の一生はどうしてこんなに全身至るところの「ヘア」に悩まされるんでしょうねぇ…。
あって欲しいところに少なく、あってはならないところにはしっかり群生。
ここだけは勘弁して!とさまざまな方法で排除しても排除しても気がつくとまた元の黙阿弥。
手軽だからとお父さんのカミソリを使おうものなら、3,4日後には、たわしのトゲみたいなのがツンツンしてくるし、毛抜きでまぶたの毛を抜いた時の痛さといったら、もうハンパない! つくづく、「美は忍耐」の言葉がしみます。

枯れることを知らない体毛との闘い、行き着くところは、やはり大枚はたいて永久脱毛?

ところで私は長らく、ビキニラインの処理とはヘソ下のムダ毛脱毛と思っていました。
でも、違うんですよね、今は。
ハート型とかIラインとか、もはや想像すらつかないOラインとか、いろんな種類があるんですよね。
鏡を使わないと自分の手元が見えない部分の処理となると、やっぱりお店でやってもらうことになるんでしょうが、気になるのは、施術を受ける時のその体勢。
処理する場所が施術者にハッキリ見えるような恰好をするわけですよね?それも、発毛サイクルに合わせて長期にわたり何度も。
やはり「美は忍耐」。

ビキニラインは荒れ放題、好き勝手にさせ放題の私は、とりあえず最低限の場所だけ見苦しくなければいっかなー、と。。。

痛みを伴う脱毛はヤダ

願望ではあるものの、実際には痛くない脱毛なんてないと思っていました。
それは、脱毛クリームに出合うまでの話です。
正直なところ、脱毛を行うためのクリームなので強烈な刺激を伴うのではないかと考えていました。

一方で、クリームであれば刺激が少ないのではないかと思っていたことも事実です。
悩んでいては時間がもったいないので、ものは試しで脱毛クリームを購入して実際に使ってみることにしました。
結論から言えば、一切の痛みを感じずに脱毛を成功させられました。

某通販大手のサイトで売れ筋の脱毛クリームを注文してから2日後、いよいよ運命のときがやってきます。
今回処理しようと考えたのは、スネに生えた剛毛です。
説明書きの指示通り、足を清潔にしてから脱毛に臨みました。

ひんやりとした感覚のクリームがスネ全体を覆ってから、待つこと15分が経ったときです。
プラスチック製のコテでクリームをすくい取ると、それまでスネに生えていたムダ毛が抜けていました。